逃亡弁護士 原作漫画
逃亡弁護士成田誠1〜6巻セット高田優/剛英城



上地雄輔in『逃亡弁護士』special photo book



ドラマ逃亡弁護士の連光寺弁護士の最後

ドラマ逃亡弁護士の連光寺弁護士の最後が
ふと気になったので書いておきます。

いつものごとくネタバレです。


蛇の刺青を入れた男が落としていった
携帯電の履歴から成田誠がたどり着いた人物が連光寺弁護士だった。


カシワダケースの事件を調べていた二ノ宮弁護士に
連光寺弁護士が不正に絡んでいたことを気づかれ

自首を勧められたのをきっかけに、
実行犯である蛇の刺青の男に殺害を依頼。

その後、フクナガの正体であった
五十嵐事務局長を小早川美由紀、成田誠に接触する前に

自ら殺害。


真船検事の親友だった、
南を殺したのは実行犯、刺青の男。

依頼したのは連光寺弁護士。


>> 逃亡弁護士(脱獄編)


成田誠が連光寺弁護士に自首を詰め寄ったとき、
完璧な法律を作るためには必要なことだったと。

その後、成田は逮捕され、
法廷で無実を主張するために連光寺弁護士を指名。


法廷で、自殺疑惑のあった小早川美由紀が
成田誠のアリバイを証明したことで不起訴となった。


成田は法廷で、実行犯も、指示していた黒幕も知っていると
連光寺弁護士の目の前で話し始めた。

法律のまえに、人の心が大切だと。
逃亡生活の中で気づいたと。

どんな完璧な法律があっても、
人の心が困っている人を助けるのだと。


法定内では、連光寺弁護士の名前を言わなかった。
自主して欲しいと、涙ながらに訴えた。


検察のトップ?であった、
長谷部検事も、カシワダケースに関わっているということもあり、

検察側と、弁護側で屈託して
カシワダケースを闇に葬ったというのが真相らしい。


連光寺弁護士の最後ですが、
悩んでたんですね、彼。ひとりで。

で、帰ろうと思ったとき、
自分の車の上に紙包みが置いてたんですよ。

中には拳銃が入っていた。


>> 逃亡弁護士(変身編)


地下駐車場の柱の影には
蛇の刺青の男がいました。

おそらく、カシワダケースがらみの、
政治の黒幕側から、圧力がかかったんでしょうね。

連光寺弁護士が自殺する場面はありませんでしたが、
こめかみに拳銃の銃口をあてたシーンで終わりました。


結局、自殺したかどうかは不明ですが、
流れからいって自殺でしょう。


カシワダケースの真相というか、
追求はこれからって感じでドラマは終わりました。

書いてなかったので、ネタばれしておきます。

漫画原作の方では
どういう展開で進んでいくんでしょうねー。



【初回封入特典付】逃亡弁護士DVD−BOX


| 逃亡弁護士 |HOMEへ

逃亡弁護士終わった感想

逃亡弁護士が終わった。
感想です。


良いドラマだったな。

最後の最後に、
真船検事がいい人だったー。

小早川みゆき事務員を
真船検事が確保してくれてたんだ。

法廷で、無実を証明する証人として出廷し、
成田誠は起訴を取り下げられ、釈放。

逃亡弁護士という生活が終わった。


最後、連光寺弁護士は
自殺したのだろうか?

実行犯も捕まってないようだし、
検察とカシワダ事件の癒着も明らかにされてないようだ。


これから物語の中では
正義に向かっていくのだろう。


久しぶりに面白いドラマを見た。
上地雄輔さん、演技上手だったなあ。

なんか、カッコいい人だね。

最後に彼女↓と抱き合ってましたが。



キャスティングもほんとよかった。


このブログも今日で終わりかあ。
なんか寂しいですが、ありがとうございました!


ですが、これはドラマの結末。


原作漫画、
高野優さんの「新逃亡弁護士 成田誠」は

まだまだ続いています。


原作者が考える本当の犯人は
誰になるんでしょうね。

登場人物もだいぶ違いますから
ドラマを見て面白かったら、原作はもっと面白いでしょうね。


新・逃亡弁護士成田誠(1)

ということで、
原作漫画が終わらない限り、このブログも続きますw

新刊が出たら、紹介しますね!
ほな、また〜♪

| 逃亡弁護士 |HOMEへ

逃亡弁護士 真犯人 正体

逃亡弁護士の真犯人の正体がでました。


小早川美由紀から、遺書が届いたらしい。

成田誠の無実を証明すると警察に行く途中に
拉致されたのを二ノ宮恵美は見ていた。

彼女が自殺するわけがない、
黒幕である検察内の真犯人に殺害されたのか。



実行犯である蛇の刺青を入れた男を
探しあてた成田誠。

格闘の末、殺されそうになったとき
警察がかけつけ事なきを得る。

その時男が忘れていった
携帯電話の記録から、黒幕、真犯人をついに突き止めた。


二ノ宮恵美より、
二ノ宮弁護士の日記を発見したと報告があったと

連光寺弁護士を呼び出す。


そう、真犯人は連光寺弁護士だった。。。


カシワダ事件を調べていた二ノ宮弁護士を殺し、
協力させていた五十嵐事務局長(フクナガ)も殺害。

無実を証明する小早川美由紀が死んだ今、
逮捕された成田は、冤罪を免れない。

成田の事件も、カシワダ事件の担当、
政治の世界の息のかかった検事が担当する。


成田はどうやって、
法廷で無実を証明するのだろうか。

【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】逃亡弁護士 DVD-BOX / TVドラマ
| 逃亡弁護士 |HOMEへ

  


SEO対策済みテンプレート


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。